自分の人生時間を共に活かしあう

貨幣経済が生まれるまでは物々交換が当たり前でした。 いつしか物の代わりとして貨幣・紙幣が誕生し、それらを集めることが一つの価値となりました。

そんなマネー経済の中心、アメリカで「タイムバンク」というシステムが活躍しています。

タイムバンク 会員がお互いの能力と時間を交換する新しいカタチの互助システムのこと。会員は奉仕作業をする代わりに「タイムドル (Time dollar)」を支給され、貯めたタイムドルで今度は必要なサービスが受けられる。現在アメリカでは数百のタイムバンクがあり、総会員数はおよそ1万5千人を超えるという。
引用元:http://www.epochtimes.jp/jp/2010/07/html/d28486.html

自分の人生時間を共に活かしあう

C 良心の育みあいにより共働が生まれ
L より永続的・発展的に幸せが広がる

そんな一つのあり方なのかな と感じました。

 

[vimeo]http://vimeo.com/66603309[/vimeo]

若杉

staff

  • クレフスタッフからの一言
  • ピックアップ

    ピックアップ

    記事がありません。