見込のお客様がすぐ顧客様に変身?!リードナーチャリングとは?

pexels-photo-266176

こんにちは、クレフの須原です。

最近、寒くなってきましたね。急に寒くなってきたので、今日久しぶりにジャケット羽織ったら、早速電車で女性のリップが付いて、トイレで拭いてました。

朝から微妙な気分でした。笑

さて、本日は、少し真面目な話をしようと、必死に絞り出した、リードナーチャリングについてお話します。

リードナーチャリングって?

さて、今回はリードナーチャリングとは何か?をお伝えしようとも居ます。

みなさん、B to Cであれ、B to Bであれ、日々お客様と関わってらっしゃると思います。

このリードナーチャリングは、要は見込みのお客様(リード)を育成(ナーチャリング)するという施策です。

とは言っても、ガンガン営業トークうする感じではないです。笑

そんなことしちゃったら、御存知の通りリードと言うよりフェードしてしまうんで。笑

では、どんなことをするのか?

このリードナーチャリングは、どちらかと言うとすぐに買おうとしている方に対してのアプローチではなく、「んー、どうしよう?どれを買おうかな?」と考えている情報を集めている人に対して、的確な情報を与えて興味を持ってもらい、購入までリードするというものです。

一般的に、高単価の商材を買うまでの意思決定には時間がかかります。

そのため、比較的ロングスパンでお客様との信頼構築を行っていく必要があります。

この信頼構築を行なうフローを「見える化」するのが、このリードナーチャリングの醍醐味です。

具体的には、情報を収集している人に対しては、様々な選択肢を与えてあげたり、まだ購買意欲がない方には、どんなメリットがあるのか?を伝えたりなど、相手が一番求めている事を伝えてあげて、段階的にコミュニケーションを取っていく感じです。

クレフのリードナーチャリング

クレフでは、10年以上、WEBマーケティングを行ってきました。

昔の媒体と言えば、チラシやテレビ、ラジオでしたが、今はスマホとパソコンです。

そのため、このリードナーチャリングも、対象が「1対1」ではなく、不特定多数になり、様々な段階の見込客様に対して的確な情報をWEBで伝えていく時代になってきました。

クレフではこの10年のノウハウを使って的確にWEBから情報配信をします。

ご興味のある方、または友人でそういったマーケティングについて悩んでいる方、ご連絡下さい。

最後に

今回のブログは、えらく真面目になってしまいました。笑

普段真面目なブログを書かないので、たまには真面目に書いてみましたw

それにしても、話は戻りますが最近は本当に秋を感じます。

昨日は栗ご飯を食べることができて、一日中ルンルンでした。

味覚の秋ですね!!

秋バンザイ!

次回は、このリードナーチャリングを図るための施策を紹介したいと考えてます。

では!10月23日を乞うご期待!!!

須原

  • 須原からの一言
  • リップって、中々取れないですね。。。
  • ピックアップ

    ピックアップ

    記事がありません。