スロバキアワインをいただきました。

160801_00

先日、スロバキアワインというものを頂きました。
スロバキアという国の存在は知っていましたが、どんな国なのか?
そしてあまり馴染みのないスロバキアワイン について少し調べてみました。

スロバキアってどこ?

日本に住んでいるとあまり耳にしない国名なのではないでしょうか。

中央ヨーロッパに位置し、チェコ・ポーランド・ウクライナ・ハンガリー・オーストリアに囲まれた国です。
国土は日本の八分の一程で、そのほとんどが山岳地帯に囲まれております。
首都のブラチスラバはオーストリアのウィーンから車で30分程で行けるそうです。

160801_01

歴史は?

1918年から1992年にかけて存在したチェコスロバキア共和国として記憶されている方も多いのではないでしょう
か。スロバキアは1993年1月1日にチェコスロバキアから分離独立して今に至ります。

サッカー好きの方にはハムシクやシュクルテルの出身国として知られていますね。

よく間違えられるみたいです

このスロバキアと国家名が似ており、よく間違えられるのがスロベニアです。国旗も非常に似ているのです。
160801_02

実はこの二国では、あまりに郵便物の間違いが多いことから、両国の大使館が月に1度、お互いに届いた手紙類
を交換しあっているそうです。

160801_03

スロバキアワイン

さて、本題のスロバキアワインですが

歴史は古く、ブドウの栽培とワイン造りは2,500年という長い歴史があります。

しかし、チェコスロバキア時代に質より量を追求し、品質があまり良くないワインの生産量を増やし続けたため
、ワインの生産国としてあまり認識されないようになりました。しかし独立後ワイナリーの努力により、量から
質を追求したワインへと転換して行き、近年では国際的なワインの品評会などで賞を取るスロバキアワインも増
えてきているそうです。

160801_04

肝心の実飲についてですが、実はまだボトルを開けておりません。

来週のお休みに中央ヨーロッパの風を感じたいと思います。

wakasugi_s

  • 若杉からの一言
  • スロベニアのワインも歴史が深いみたいですよ
  • ピックアップ

    ピックアップ

    記事がありません。